WordPressの使い方

【ワードプレス】サイト高速化のためのプラグインまとめ

サイトのセキュリティ対策も大事ですが、サイトを高速化することもとても大切です。いくら良い記事を書いても、開くまでに時間がかかるサイトでは、人は見てくれません。

マザー
マザー
開くのが遅いサイトは、見るのやめちゃいますもんね。

そうなるとGoogleの評価はガクッと下がってしまいますので、なかなか上位表示することが難しくなります。できるだけサイトを高速化して快適なサービスを提供しましょう。

この記事では、高速化のためのプラグインを3つご紹介します。ひとつずつ、わかりやすくお伝えしていきますので、一緒にやってみてください。




Autoptimize

「Autoptimize」は、HTML/CSS/JavaScriptといったコードを圧縮して高速化を助けてくれるプラグインになります。

通常、ワードプレスはHTML/CSSなどのコードを読み込んでサイトを表示させるのですが、このプラグインはコードを圧縮して読み込んでくれるので、サイトを表示させる速度が速くなるんです。

プラグインの新規追加をしよう

 

 

[ダッシュボード]ー[プラグイン]ー[新規追加]をクリックし、右上の検索窓に「Autoptimize」と入力します。

 

 

「Autoptimize」がでてきたら「今すぐインストール」をクリックし「有効化」しておきましょう。

マザー
マザー
こちらのプラグインは、とくに必要な設定はありませんよ!

BJ Lazy Load

「BJ Lazy Load」は、ユーザーに見える範囲の画像だけ読み込んでくれるプラグインになります。

通常、サイトを読み込むときはすべての画像を読み込んでから表示するので、画像が多いと表示速度がどうしても遅くなってしまいます。

このプラグインは画像の読み込みを見える範囲だけにしてくれるので、サイトを表示させる速度が速くなるんです。

マザー
マザー
画像をたくさん使いたい人は、必ず入れておいてね!

プラグインの新規追加をしよう

 

 

[ダッシュボード]ー[プラグイン]ー[新規追加]をクリックし、右上の検索窓に「BJ Lazy Load」と入力します。

 

 

「BJ Lazy Load」がでてきたら「今すぐインストール」をクリックし「有効化」しておきましょう。

有効化したプラグインの設定をしよう

 

 

有効化できたら[ダッシュボード]ー[設定]ー[BJ Lazy Load]をクリックしてください。

 

 

そうすると「BJ Lazy Load Options」という設定画面が開きます。

 

 

画面下にある「Threshold」という項目の数字を「400」に変更してください。

変更できたら、その下にある「変更を保存」ボタンをクリックしておきましょう。

 

EWWW Image Optimizer

「EWWW Image Optimizer」は、ワードプレスにアップロードされた写真を圧縮してくれるプラグインになります。

写真はわかりやすい記事を書くために必須となってきますが、それと同時にサイトを低速化させてしまうデメリットがあります。

マザー
マザー
そんなデメリットを軽減してくれるプラグインってことね!

これからアップロードする写真は自動で圧縮してくれるので、ぜひインストールをしておきましょう。

プラグインの新規追加をしよう

 

 

[ダッシュボード]ー[プラグイン]ー[新規追加]をクリックし、右上の検索窓に「EWWW Image Optimizer」と入力します。

 

 

「EWWW Image Optimizer」がでてきたら「今すぐインストール」をクリックし「有効化」しておきましょう。

こちらのプラグインは、とくに必要な設定はありません。

 

以上、サイト高速化のためのプラグインでした。

マザー
マザー
おつかれさまでした!続いてはコンテンツ作りに役立つプラグインを入れていきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です