おしゃれママ

ファッションセンスがない人はどうしたらいいの?

マザー
マザー
元大学講師のマザーです。大学ではファッション関係の授業を教えていました。
子育てママ
子育てママ
ファッションセンスがなくてコーディネートに自信がありません。そんな私はどうしたらいいのでしょうか?

そんな方に向けて書いた記事です。

ここのところ、コーディネートに悩まれている方をよく見かけます。

自分のファッションセンスに自信がない人と、ファッションアドバイスをしている人のやり取りを見ていると、なんとなく違和感を感じてしまうことが多々あります。

あなた聞く相手間違えていませんか?

そう思ってしまうのです。

それと同時に、

コーディネートに正解ってあるのかな?

という疑問まで浮かんできます。

なぜ私がそのように思うのかについてお話していこうと思います。

 

airCloset

ファッションは十人十色

 

私は学部・修士・博士と9年間ずっとファッション関係の研究を続けてきました。また大学へ通いながらも大学とは別のファッションスクールにも通っていました。

子育てママ
子育てママ
ファッション漬けの日々だったんですね!
マザー
マザー
ファッション関係のことが本当に好きなのよ!

私が大学とは別に通っていたファッションスクールでは、受講生の大半がスタイリスト志望の学生で、

我こそはファッションに自信あり!!

と、着飾ることに熱心なおしゃれさんたちが集まっていました。

自分のおしゃれに自信がある個性豊かな人たちばかりだったので、不思議なことに誰一人として洋服の系統がかぶっていませんでした。

それぞれが自分に似合うであろう服装を堂々と楽しんでいる

そういう集団でした。

まさにファッションは十人十色という世界でした。

ファッションセンスと頭の柔軟性

 

私が通っていたファッションスクールでは、講義がある日は毎回その日のテーマというものが決められていて、そのテーマに相応しい服装をしていくということが課題の1つでもありました。

そして講義が終わると全員で投票を行い、その日の服装のランキングをつけていくのが恒例となっていました。

そこで毎回私は頭を抱えることになったのです。

なぜなら

私には理解できない服装をしてくる人が多かったから

です。

というか、ほぼ全員のファッションセンスが理解できませんでした

理解できないからランキングのつけようがないのです。だから毎回頭を抱えていたわけです。

我こそは1番なり!!

という集団でしたので、それぞれがその系統の世界ではすごい素敵なコーディネートだったのかもしれません。

それを理解しようと努めたのですが私の頭が固かったのか、みんなのファッションの良さがいまいちわかりませんでした。系統が全く違いましたから、おそらくみんなも私のファッションがわからなかったかもしれません。

マザー
マザー
そう、お互いにね!

さてここで2通りのタイプの人間にわかれるのですが、あなたはどちらのタイプの人間でしょうか?

タイプ1:自分のファッションセンスでは理解できないから、ただただ「ダサい」「似合っていない」「なにその組み合わせ?」などと、自分のセンスを主軸に相手のセンスを切り捨てるタイプ。

タイプ2:自分のファッションセンスを常に疑い「自分では気がつかなかったけど、こういう組み合わせもありなのかも」「もしそのコーディネートをスーパーモデルに着せたらどうだろうか」などと、相手のセンスをあくまでも尊重し理解しようと努めるタイプ。

あなたはどちらのタイプの人間ですか?

マザー
マザー
ちなみに私はタイプ1の人間だったわ!今でもそっちの方が強いかも!

私はタイプ1の人間でしたが、講義をしている先生はタイプ2の人間でした。

相手のセンスを理解しようと努めると同時に自分のセンスはしっかりと持っている、そんな先生でした。

この頭を柔軟にして相手のファッションを理解しようと努めることって、なかなか難しいことなんですよ。

人は年を重ねるたび、ついつい頭が固くなり

気がついたら時代の流れに完全にとり残されていた!!

ってことはよくある話です。

ファッションの世界では

  • どこまで柔軟な捉え方ができるのか?
  • 時代の流れと自分のセンスをどこまで融合させられるのか?

それがとても大切になってきます。

ファッションについて聞く相手は選ぼう

 

こんな経験がもとになっているのですが、最近ふと気がついたことがあります。

それは

コーディネートに正解はないのかもしれない!

ということです。

ファッションセンスは持って生まれたものだと思いますが、そのセンスが噛み合わない場合、相手のコーディネートが変に見えることがあります。だって自分のセンスとは違いますからね。

そしてよく

  • コーディネートに自信がありません!
  • コーディネートを教えてください!
  • このコーディネート大丈夫でしょうか?

という疑問を持っている人と、ファッションアドバイスをしている人のやり取りを見かけるのですが、はっきりいって噛み合っていないことが多いです。というかほとんど噛み合っていません。

アドバイスをしている方の価値観をただ押し付けていたり、その人のセンスを理解しようとしないでダメ出しばかりしたり。

ファッションは、その人の体型や顔の作り、その人から感じられる雰囲気によって「あう・あわない」ってあるんですよね。Aさんに似合うからといって、必ずしもBさんに似合うとは限らないわけです。

ですから噛み合っていないやり取りを見ていてこう思ってしまいます。

あなた聞く相手間違えていませんか?

って。

ファッションを評価されてガッカリする前に、ちょっと考えてみてほしいのです。

あなたが聞いている相手は

  • あなたから見て魅力的な人ですか?
  • あなたがなりたい系統の服装をしている人ですか?

「自分はファッションセンスないんだ…」と落ち込む前に「聞く相手をもう少し吟味しようよ!」って思います。

自分が素敵だと思える人にアドバイスをもらおう

 

もしあなたが自分のコーディネートに不安を感じていて、誰かにアドバイスを求めたい場合は、自分が

  • あの人みたいになりたい!
  • 素敵な人だな。憧れちゃう!

そう思う人に聞くのが1番です。

だって系統が違ったら価値観が違うんだから噛み合わないでしょ?

極端な例えでいうと、清楚系な服装が本当は落ち着くのに、ロックな人のアドバイス聞いてもしょうがないよねって話です。

ファッションは十人十色

ファッションの系統だってたくさんあります。

ある人が見れば「うわぁ~ダサい!」というコーディネートでも、別の人が見れば「めちゃめちゃオシャレじゃん!」ってことも十分あり得ます。

もしアドバイスをもらえる人がまわりに誰もいない場合は、ファッションレンタルサービスを利用するのもありです!

↓ エアークローゼットがおすすめ ↓
airCloset
公式サイトへ 

 

ファッションレンタルサービスでしたら、プロのスタイリストさんがあなたにあったコーディネートを選んでくれますし、コーディネートの相談にも丁寧にのってくれますよ!

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【エアークローゼット】【エディストクローゼット】【ブリスタ】おすすめのファッションレンタルサービスは?この記事では、今流行のファッションレンタルサービス「エアークローゼット」「エディストクローゼット」「ブリスタ」の3社についてわかりやすく...

 

さいごに

 

さいごに少し混乱させてしまうことをいいますね。

系統が違ったら価値観が違うのだから話が噛み合わない、つまり相手のファッションセンスが理解できないということが起きるのですが、

美的センスに優れている人はどのジャンルの服装であっても、素敵なコーディネートを嗅ぎ分けることができる

という事実があります。

はい、本物は違います。これはファッションに限らず、どの分野においてもいえることなのですが、

たとえば経営のセンスが本当にある人は、ビジネスのジャンルを問わなかったりします。全く違うジャンルのビジネスだとしても、うまく経営できてしまうのです。

ちなみに私はさきほどのファッションスクールの課題でランキングされるとき、ほぼ毎回ベスト3には入っていました。

もしコーディネートに悩んでいて、誰かのファッションアドバイスが聞きたいということでしたら、私でよければお答えさせていただきます。Twitterかお問い合わせで聞いてくださればと思います。

 Twitter お問い合わせ
 

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です