美肌ママ

【体験談】レーザーでシミとほくろ除去したよ!【ダウンタイム中の画像あり】

こんにちは。マザーです。

レーザーでシミ2つとほくろ5つを除去してきました!体験談を交えながら詳しく解説していきます。

子育てママ
子育てママ
シミとったんですか?いいなぁ。私もとりたいシミがあるんです!
マザー
マザー
ダウンタイム中と施術後の写真も一緒にご紹介していくわね!

顔にできたシミやほくろって他人が見たらどうってことないものでも、本人にとってはかなり悩ましいものだったりするんですよね。

  • この大きなほくろ気になるからとりたい!
  • このシミさえなければもう少し若く見られるはずなのに!

まったく同じこと私も思っていました。

とりたい気持ちはすごくあるけれど、なんとなく一歩が踏み出せないという気持ちも本当によくわかります。

  • 実際にとった人の話が聞きたい!
  • 失敗もあるのかなぁ?リスクや副作用は?
  • クリニックはどうやって選べばいいの?

そんな疑問をお持ちのあなたにレーザー治療体験談をお話しようと思います。またクリニックを選ぶとき私が大切にしたポイントについてもお伝えしますので、よかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク


シミ取り・ほくろ除去の治療法

 

まずはじめにシミ取りレーザーとほくろ除去に用いられている治療法について簡単にふれておきます。

シミ取りレーザーの種類としては

  • Qスイッチレーザー
  • QスイッチYAGレーザー
  • Qスイッチルビーレーザー
  • ピコレーザー

などが有名です。

ほくろを除去する治療法としては

  • Qスイッチレーザー
  • 炭酸ガスレーザー
  • 電気分解法
  • くり抜き法
  • 切除縫合法

などがあります。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

【シミ取りレーザー】光治療とレーザー治療の違い・種類・リスクは?この記事では、シミを除去したいと悩んでいるあなた向けに美容医療である光治療とレーザー治療についてわかりやすくお伝えしていきます。 ...

 

それぞれの症状にあった治療法がありますので、施術を受けるときはきちんと医師と相談しながら決めていく必要があります。

子育てママ
子育てママ
どの治療法でやるのかはお医者さんと一緒に決めた方がいいんですね!
マザー
マザー
そうなの!どこのクリニックも施術前には必ずカウンセリングがあるから、医師とじっくり話し合うことが大切よ!

それでは私の体験談をご紹介していきます。

切除縫合法でほくろを除去したときの話

 

小さい頃からほくろができやすい体質の私。いつの間にか顔にあらわれた大きな3つのほくろが長年私を苦しめていました。

なぜか右側の頬だけに出現した大きなほくろのせいで、小学校の時は席替えがイヤでイヤでたまりませんでした。

教室の1番右端の列にあたればラッキーです!なぜならみんなにずっと左側の頬だけさらしていられるから。でも1番左側の列になったときはみんなにずっと右側の頬をさらさないといけないためイヤでイヤでしょうがなかったのです。

マザー
マザー
右側の頬は誰にも見られたくなかったのよ!

思春期の頃は鏡にうつる自分の顔を見ては指で大きな3つのほくろを隠して

このほくろたちさえなければな…

なんてすっと考えていました。

そんなとき親戚がほくろをとる腕のいい医師がいることを教えてくれました。高校生だった私は両親に頼み込み、ついにほくろとお別れする機会を得たのです。

そのとき行った施術は「切除縫合法」といって、メスでほくろを切除し縫い合わせるというものでした。

子育てママ
子育てママ
うぅっ!痛そうですね!
マザー
マザー
麻酔のおかげで痛みはなかったわ!当時は今のようにレーザーがまだ普及していなかったのよ!

施術後は患部に保護テープを貼り続け、1週間ほどしてから抜糸しました。その後しばらくは赤みと凹凸が続いたのですが、時間の経過と共に周りの肌と同じ肌色になってくれました。

「切除縫合法」は大きくて深いほくろも確実に除去できるというメリットがある一方、傷跡が残る可能性があるというデメリットを持っています。

案の定、除去した3つのうち2つはほくろなんてなかったかのようにキレイな肌になりましたが、1つは肌が少し突っ張ったような状態で落ち着くことになりました。目立ちはしませんが小さい凹凸は残ったままです。

子育てママ
子育てママ
傷跡が残っているってことですか?
マザー
マザー
そうなのよ。施術後きれいな肌にならない場合もあるってこと知っておいてね!

さてすべての患部がきれいな肌にならなかった私ですが「施術をしてみて後悔していますか?」と聞かれたら迷わずこう答えます。

まったくもって後悔なんてしていない!施術を受けて心の底から良かった!

そう答えるでしょう。

だって目立つ大きなほくろに比べたら、よく見ないとわからないくらいの小さい凹凸なんてどうってことないからです。

マザー
マザー
それほど目立つ大きなほくろがイヤだったのよね!

ただもし今とるとしたなら、迷わずレーザーを選んでいます。なぜならレーザーで除去する方が「切除縫合法」に比べて傷跡が残りにくいからです。

レーザーでシミとほくろを除去したときの話

 

月日は流れ、第一子妊娠時のとき。妊娠中に起こる色素沈着のせいかどうかはわかりませんが、突如右頬に大きな2つのシミがあらわれたのです。

そのシミはだんだん濃くなっていき第二子妊娠時には、はっきりくっきり大きな茶色いシミとなって私の右頬に居座っていました。

そのため写真やビデオを撮影するときは右側の頬が写らないよう、なるべく左頬を向けるようにしていました。そして鏡をみるたびまた大きなシミを指で隠す日々。

この大きなシミさえなければな…

中高生の頃とまったく同じことを考えている私。

レーザー治療も普通に普及していましたから、思い切って大きな濃いシミ2つをとることにしました。そしてどうせなら、いつの間にか顔中に出現しまくっているほくろもとってしまおうとも思ったのです。

夫に相談したところ「シミはとってもいいと思う。でもほくろは全部とらないほうがいい。」そう言ってくれました。

さっそくクリニックに予約を取り

どのほくろをとろっかなぁ♪ルンルン

なんて思いながら鏡をみて指でほくろを隠しながら、施術後の顔をシミュレーションしたりしていました。

結局、医師と相談して「大きな濃いシミ2つ」と「顔の中心にある目立つほくろ5つ」をレーザーでとることにしました。

私の治療法

私が受けた施術は

大きな濃いシミ:QスイッチYAGレーザー

ほくろ:炭酸ガスレーザー

になります。

シミ治療には麻酔を使いませんでしたが、ほくろ治療には局所麻酔を使いました。

施術中の痛みについては、QスイッチYAGレーザーは噂のとおり肌を輪ゴムではじかれたような痛みがありましたが、炭酸ガスレーザーは麻酔が効いていたため痛みは全くありませんでした。

施術後のダウンタイム

施術後は軟膏を塗った上から保護テープを覆いダウンタイムを過ごします。

子育てママ
子育てママ
ダウンタイムって何ですか?
マザー
マザー
ダウンタイムというのは施術後から肌が落ち着くまでの時間をいうわよ!

 

そのときの様子がこちらになります。

 

 

①~⑤がほくろをとった個所で、⑥と⑦がシミをとった個所になります。

ビフォーアフター画像はよく見かけると思いますが、ダウンタイム中の画像ってあまり見かけないですよね。

子育てママ
子育てママ
ダウンタイム中はこんな感じで保護テープを貼ったまま過ごすんですね!
マザー
マザー
そうなの!メイクも洗顔も保護テープの上からするわよ!

 

 

こちらは横顔になります。

実はこのダウンタイム中に親戚の集まりがあったのですが、事情を知らない数名のおばさまがたから「旦那さんから暴力を受けたのかと思ったわ!」といわれてしまいました。

また子どもを小児科に連れて行かなければならず、医師から「お母さん、その顔どうしたの⁈」とすごい心配されたこともありました。

マザー
マザー
聞かれるたびに施術のお話をするはめになったけど、今となってはいい思い出よ!
子育てママ
子育てママ
たしかに。ぱっと見たとき「どうしたのかな?」って思うかもしれません!

 

施術後の患部

こちらは施術後2週間たって保護テープをはずしたときの様子です。

 

 

1つのシミは保護テープをはがすときに一緒にはがれてくれましたが、もう1つのシミはまだ顔にくっついたままです。

 

 

はい。両方ともきれいにシミがとれました。

ちなみに写真の肌の色が違うのは修正でもなんでもなくて、上の写真は夜にお部屋の中の電気の下で撮ったもので、下の写真は日中お部屋に太陽が差し込んでいるときに撮ったものになります。

 

 

私の場合、保護テープにシミの残骸がくっついていましたよ。

マザー
マザー
見た目が汚くてごめんなさいね!
子育てママ
子育てママ
シミってこんな風にとれるんですね!おもしろいです!

 

ちなみに大きなシミ2つは1回の施術できれいに除去することができましたが、ほくろの方は5つとったうちの4つは再度照射が必要で、結果、2回の施術できれいに除去することができました。

施術にかかった料金

施術にかかる料金は、クリニックによってもシミやほくろの大きさによっても異なるため、参考にならないかもしれませんが念のためお伝えしておきます。

QスイッチYAGレーザーシミ2箇所16,800円
炭酸ガスレーザーほくろ5箇所44,000円
炭酸ガスレーザー(再照射)ほくろ4箇所12,960円

あわせて73,760円でした。

マザー
マザー
ほくろは1年保証があるクリニックだったから再照射の料金は低価格で済んだわよ!

クリニック選びのポイント

 

さいごにクリニック選びのポイントについてお話します。でもその前にクリニックとエステの違いについてふれておきますね。

クリニックとエステは違う

シミ取りやほくろ除去の施術はクリニック(医療機関)以外にエステでも行われています。

クリニックに比べてエステの方が値段が手ごろということもあり、エステを選択する人もたくさんいるでしょう。

ただ注意してほしいことがあります。それは私が冒頭で例をあげた治療器による施術は、医療機関でのみ使用が許されているということです。

子育てママ
子育てママ
えっ?それってどういう意味ですか?
マザー
マザー
クリニックで使われている治療器とエステで使われている治療器はまったく別物ということよ!

そうなんです。実はエステで使われている治療器はクリニックで使われているものとはまったくの別物なので、照射パワーや得られる効果が違ってくるんですね。

安全面を考えた上でも熟練した医師のもとで治療を受けた方が後々のトラブル防止のためにはいいかもしれません。

クリニック選びのポイント

私がクリニック選びのときに大切にしたポイントについてお話しますね。

クリニック選びで悩まれている方はぜひ参考にしてみてください。

  1. エステではなくクリニック
  2. 施術は必ず医師が担当
  3. カウンセリングと施術が同日に可能
  4. 料金体制がわかりやすく明示されている
  5. アフターケアや保証がある
  6. アクセスが便利
  7. 完全個室
  8. 化粧室完備

それぞれ簡単に説明していきます。

① エステではなくクリニック

こちらについては、さきほどお伝えしたとおりです。

私は心配性なところがあるので、熟練した医師のもとで治療を受けたいと思いました。

② 施術は必ず医師が担当

ググってみると施術を看護師が行っているクリニックもあるとでてきたので、私はきちんと医師がやってくれるクリニックを選ぶことにしました。

なぜなら、レーザーの「設定・強さ・照射数」を誤ると肌トラブルになる可能性があるので、なるべく熟練した医師のもとで治療を受けたいと思ったからです。

③ カウンセリングと施術が同日に可能

クリニックによってはカウンセリングと施術が同日には受けられないところがありました。

スケジュールに余裕のある方は問題ありませんが、私は主人に子どもを預けられる日が限られていたので、カウンセリングと施術が同日に受けられるクリニックにしました。

④ 料金体制がわかりやすく明示されている

料金体制が複雑であったり、しっかり明示されていないクリニックの場合、当初の想定金額よりも高くなりそうな予感がしたので、きちんとわかりやすい料金体制を掲載しているクリニックを選びました。

施術にかかる料金については、施術前のカウンセリングのときに必ず確認するようにしましょう。

⑤ アフターケアや保証がある

何かトラブルがあった場合、アフターケアや保証制度があるクリニックの方が安心だと思います。私の場合、4つのほくろが1回の施術では取り切れなかったため施術を2回受けることになりました。保証制度があるクリニックだったので再照射の料金が安く済みよかったです。

アフターケアや保証については、施術前のカウンセリングのときにしっかり確認するといいですよ。

⑥ アクセスが便利

施術を受ける場合、カウンセリング・施術・術後検診など少なくとも2回以上はクリニックに行かなければなりません。アクセスが不便なところは行くのも大変なので、できるだけアクセスしやすいクリニックにしました。

⑦ 完全個室

施術のときはお化粧を完全に落とす必要があります。私はすっぴん姿を誰にも見られたくなかったし、施術を受けることを誰にも知られたくなかったので、完全個室になっているクリニックを選びました。

私が行ったクリニックは医師とスタッフがインカムで連絡を取り合い、患者同士が鉢合わせしないように配慮してくれているところだったので、大切にされている感がすごく伝わってきて心地よかったです。

⑧ 化粧室完備

私は施術後にお化粧をして帰りたかったので、化粧室が完備されているクリニックを選びました。すっぴん姿で歩ける人は問題ありませんが、気になる方は化粧室が完備されているクリニックがおすすめですよ。

さいごに

 

私は、すべての施術は本人が納得した上で受けるものだと思っています。

なぜならトラブルが起きた場合に全責任を引き受けるのは自分だからです。

よくカウンセリングや待合室で自分が希望している以外の施術をすすめられることがあります。その際はすすめられるがままに施術を受けるのではなく、本当にその施術が自分に必要かどうかきちんと見極めてから施術を受けるようにしましょう。

あまりにも勧誘がひどいところは施術を受けるのを再検討した方がいいかもしれません。意に沿わない施術をして、万が一失敗したとき後悔するのは自分ですからね。

私もいくつかすすめられましたが「シミとほくろをとる」という目的以外のものは、すべて丁寧にお断りしました。しつこく勧誘されたらイヤだなと思っていましたが、私が行ったところは患者の意志を尊重してくれる良心的なクリニックでした。

 

以上、私のレーザー治療体験談についてでした。

こちらの記事ではレーザー治療だけでなく光治療についてのお話もしています。興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

【シミ取りレーザー】光治療とレーザー治療の違い・種類・リスクは?この記事では、シミを除去したいと悩んでいるあなた向けに美容医療である光治療とレーザー治療についてわかりやすくお伝えしていきます。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です